インタビュー

富士屋本店 日本橋浜町/調理スタッフ
2019年入社

高橋明紀子

Q.富士屋本店で働こうと思ったきっかけは?

転職を考えていたときに、渋谷のワインバーにお客様として行き、お客様に対してはもちろんスタッフ間の暖かさ、見て食べて楽しめる料理、仕事のメリハリがしっかりできている雰囲気に魅力を感じました。自分をこの環境に身をおきたいと強く思いました。

Q.仕事の内容とやりがいは?

料理長がその日豊洲で仕入れた旬の食材を、自分では想像もつかないような組み合わせで次々と生み出していくので学び学びの毎日です。何より料理長の料理に対する姿勢が尊敬でき、間近でみれてとても刺激を受けています。お客様との距離が近いのでライブ感があり自分のモチベーションになっています。

Q.スタッフ同士のコミュニケーションや職場の環境はどうですか?

女性社員がわたし1人でみなさんとても優しくしてくださります。たまに優しすぎてもっと厳しくしてください!怒ってください!って思う時もあるくらい笑。やはり体力的に男性に劣ってしまう部分はありますが、その分女性ならではの視点でもっといろいろなアイデアなど出していけたらいいなと思います。

Q.仕事を通して、自分が成長したと思えることはありますか?

料理が勉強したい、とても頑固な考え方でいた私でしたが、対お客様ありきの仕事だという当たり前のことを忘れていた気がします。そういった面でワインの勉強など、視野が広くなったこと、自分の武器は何なのか考えさせれ、選択肢が増えたと思います。自分の成長がお店のプラス繋げられるようにしていきたいです。

Q.応募をお考えの方へなにかありましたらお願いします。

やる気さえあれば、頑張っている姿をみてくれている人がいる環境だと思います。仕事の時間は人生の中でも大半を占めるからこそ、ポジティブな環境に身を据えたいですよね。もちろん忙しく大変なときはもちろんありますが、長い時間を共に過ごす仲間として達成感を共有できる方と一緒に働きたいです。